会社経営をサポート

popular post

  • スピーディーかつ低金利

    急いで資金調達したいときはビジネスローン 金融機関の厳しい貸し…

    » 続きはコチラ

  • 一般金融機関にできない事

    ビジネスローンの魅力とは? 事業を行ううえで資金繰りが厳しくな…

    » 続きはコチラ

  • 会社経営をサポート

    事業主にとって有効な手段 会社や個人で事業を営んでいる方であれ…

    » 続きはコチラ

事業主にとって有効な手段

会社や個人で事業を営んでいる方であれば、少なからず事業資金に困ったことはあると思います。その中でビジネスローンは経営者や事業主の強い味方です。ビジネスローンですので、運転資金から起業資金、設備投資、従業員への給与支払い資金など事業性の資金であれば何にでも利用することができます。通常銀行や公的融資でお金を借りる場合は、担保を求められたりすることもありますが、ビジネスローンではそれがなくても大丈夫です。またビジネスローンは契約する本人(代表者)が連帯保証人となることができるので、第三者に保証人を頼むことなく融資の申請ができるのもメリットです。振り込み融資をするといつも利用している通帳に振り込んでもらえるので、非常に便利に利用することができます。その中でビジネスローンの最大の魅力は、融資のスピードだと思います。無担保、無保証人ということで、細かい確認が不要なことから審査が早いという特徴があります。ですのでゆっくり審査結果を待てないようなときにはビジネスローンの検討も視野にいれておけば焦ることはないと思います。300万円ほどの急な必要経費がかかるときには、ビジネスローンが中小企業の経営者や事業主にとって有効な手段になります。

金融機関との違い

ビジネスを運営していくうえで経営者が頭を悩ませる問題として最も比重の大きいものとして資金繰りの問題があります。ビジネスを進めていく過程ではさまざまな取引があり、その度にお金が動くことになりますが、一般的にはそのようなビジネス上のお金のやり取りは掛け金という具合に後払い方式でなされることが多く、商品やサービスを取引先に提供してから実際に手元に入金されるまでには若干のタイムラグがあります。そのため、個人事業主や中小企業のような資金があまり豊富ではない事業者の場合、ときには資金繰りが上手くいかなくなってしまうことがあるのです。そのような場合には資金繰りを改善する策として銀行や信用金庫などに融資をお願いするという手段もあるのですが、融資にまで時間を取られてしまったり少額の融資に対応してくれないケースもあり不便を感じてしまう経営者も少なくはありません。そこで急に金策が必要になったときや比較的少額の資金が必要だというときにはビジネスローンがおすすめです。ビジネスローンは一般的な金融機関からの事業用資金の融資とは違い、担保や保証人が必要ないタイプのローンです。消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンをイメージしてみればビジネスローンを理解しやすいかもしれません。

Copyright(C)2017 ビジネスローンは中小企業の資金調達策として有効 All Rights Reserved.